視察会・講演会情報

ホーム > 視察会・講演会情報 > 過去の視察会・講演会情報 > 第6回 インド最新流通視察ツアー

第6回 インド最新流通視察ツアー 参加者募集

11億人の巨大潜在消費市場を背景に活気づくインド小売業を徹底視察
- ニューデリー、ムンバイ、バンガロール3都市の最新流通店舗を巡る -

視察概要

サムネール:パンフレット

パンフレットダウンロード(PDF:3,53MB)

第6回 インド最新流通視察ツアーについてさらに詳しい情報はこちらをダウンロードしてご覧ください。

GET ADOBE READER

※PDFがご覧になれない方はこちらからダウンロードできます。

日 程 平成25年3月24日(日)~3月31日(日) 6泊8日
視察訪問先 インド・ニューデリー/ムンバイ/バンガロール
視察参加費 日本小売業協会会員 ……… 348,000円(税込み)
後援団体会員 ……………… 358,000円(税込み)
一般 ………………………… 368,000円(税込み)

※旅行代金には旅行日程に明示した航空運賃、バス料金、ガイド料金、宿泊料金(ツイン利用)、視察訪問に関わる費用、本旅行と重複する宿泊料金・食事代の減額分、手荷物運搬料金を含みます。
募集人数 20名(最少催行人数12名)
申込締切日 平成25年2月8日(金) ※ただし満員になり次第締め切ります。
利用ホテル 【ムンバイ】
ハイアットリージェンシームンバイ、ザ・リーラ,ケンピンスキーホテル、ザ・オーキッドホテル又は同等のデラックスクラスのホテル

【バンガロール】
ホテルロイヤルオーキッド、ザ・チャンセリィパビリオン又は同等のデラックスクラスのホテル

【デリー】
グランドデリィ、ハイアットリージェンシーデリィ又は同等のデラックスクラスのホテル
添乗員 同行いたします。
お申し込み方法 参加申込書に必要事項をご記入の上、下記の申込先までご送付下さい。尚同時に参加申込金50,000円(旅行代金の一部に充当)を下記の口座にお振込み下さい。また、旅行代金の残金は、後日お振込みのご案内をお送り致します。

銀行名:みずほ銀行 第2集中支店
口座番号:普通預金口座 3730118
口座名:日通旅行株式会社(ニッツウリョコウカブシキガイシャ)

日通旅行株式会社
団体営業部 営業第五課
「第2回 ヨーロッパ最新小売業態ツアー」係
〒135-0041 東京都江東区冬木16-10 日通永代ビル4階
TEL. 03-5809-9661 FAX. 03-5621-8297
営業時間:9:00~18:00(月~金)
※土・日・祝祭日はお休みさせていただきます
総合旅行業取扱管理者:岩崎 茂則
担当:松田・島田

参加申込書はこちら (PDF:107KB)
お問い合わせフォームはこちら

GET ADOBE READER

※PDFがご覧になれない方はこちらからダウンロードできます。

企画および
大会視察先に関する
お問い合わせ
日本小売業協会
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2 東商ビル3階
TEL:03-3283-7920
FAX:03-3215-7698
担当:近江
企 画 日本小売業協会
後 援 日本商工会議所・東京商工会議所・日本販売士協会
旅行企画・実施 日通旅行株式会社 団体営業部 営業第五課

オプショナルツアー

視察訪問先 コルカタ
旅行期間 平成25年3月30日(土)~4月3日(水) 3泊4日
追加代金 130,000円(税込み。会員・後援団体・一般とも)
最少催行人数 6人
利用予定ホテル ハイアット リージェンシー コルカタ

視察の内容

  • 首都デリー市、インド最大の商都ムンバイ市、バンガロール市に於いて、有力小売業を訪問し、その取り組みについてレクチャーを受けるとともに、質疑応答により意見交換を図る。
  • デリーにてインド商工会議所連合会を訪問、ムンバイ市にてインド小売業協会を訪問し、レクチャーを受ける。
  • インド小売業(百貨店、スーパー、その他)を訪問し視察及び関係者との交流を図る。
  • デリー、ムンバイ、バンガロールに進出している日系企業(商社、通信、物流など)からレクチャーを受ける。

企画にあたって

21世紀最大の流通マーケットといわれるインド。どこよりも早くリーマンショックをも乗り越え、高成長を続けるインド経済は毎年オランダに匹敵する1600万人前後の人口を中間所得層へと引き上げてきている。TVはもちろん、洗濯機、冷蔵庫などあこがれの家電製品を自宅に揃える中間所得層が続々と誕生している。彼らはTVやインターネットなど様々なメディアを通して日米欧の生活スタイルに触れ「明日の豊さ」を手の届くところまで引き寄せてきている。
翻ってインド国内には既に400を超えるショッピングセンターが展開され、デパートやスーパー、専門店が華やかにオープンしているが、海外の有力小売業の参入は禁止されており、いずれのショッピングセンターも同じ顔ぶれのテナントが並ぶ。
増大し始めた中間層の消費意欲は旺盛で、既に卸(キャッシュ&キャリー)業態で参入を果たしたウォルマートやカルフール、メトロ等へ彼らの足は向かう。
一方、高いインフレ率と成長の歪の中で、失業率は10数%を超え、雇用を求める声は国内に日々高まっている。そのような中、インド政府は小売流通への外資規制の解除に向けて地元中小小売業者との調整下にある。日本小売業協会では、インド商工会議所連合会、インド小売業協会のご協力を得て、平成24年以来6回目の視察会を開催いたします。小売市場の視察に加えてインド小売・流通業関係の方々との懇親交流の場を予定しています。ぜひとも多くの皆様のご参加をお待ちしております。

お申し込み

お申し込みフォーム

ページのトップへ戻る