視察会・講演会情報

ホーム > 視察会・講演会情報 > 過去の視察会・講演会情報 > 第57回 国内(関西地区)最新流通視察会

第57回 国内(関西地区)最新流通視察会

集客力を強める大阪都心と対極の
「大阪郊外の街づくりに貢献する店舗商業施設を見る」

平成26年2月7日(金) 1日視察

視察概要

視察コース
  • イズミヤ寺田町東店(+ファミリーマート融合)(平成25年10月オープン)
  • ファッションSCオトカリテ(+ピーコック千里中央店)(平成25年4月オープン)
  • 阪急西宮ガーデンズ・西宮阪急(平成20年11月オープン)
  • イオンモール神戸ハーバーランドUMIE(平成25年オープン)
日 程 平成26年2月7日(金) 1日視察 現地集合・解散
集合:午前9時 新神戸駅新幹線改札口前(予定)
解散:午後6時 新大阪駅新幹線中央改札口前(予定)
なお、集合解散場所含め1月30日頃最終案内発送予定
参加費 会 員 ………………………… 10,000円(税込)
一 般 ………………………… 12,000円(同)
定 員 30名 (最少催行15名)
コーディネーター 羽根 浩之 氏〔ストアーズ社編集長〕
小売業に精通し、豊富な最新流通情報を判りやすく解説していただきます。
企画 日本小売業協会:担当 近江 電話:03-3283-7920 FAX:03-3215-7698
キャンセル 実施日の10日前に資料配送させていただきます。
その後はキャンセル出来ませんのでご了承下さい。
申込方法 お申込用紙に氏名、会社名(所属団体名)、役職名、会社住所、電話番号等をご記入の上、事務局までFAXにてお申込下さい。
お申込み後、1月24日(金)迄に振込先にお振込み下さい。
お申込用紙はこちら(PDF:242KB)
申込先 日本小売業協会 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2 東商ビル3F
電話:03-3283-7920 FAX:03-3215-7698
振込先 三菱東京UFJ銀行 本店 普通預金口座:7659200 口座名義:日本小売業協会

企画にあたって

 大阪圏内の商業地図は阪急梅田本店の建て替えオープン、さらに大阪駅に隣接した操車場跡地の梅田北ヤードの巨大プロジェクト内の商業スペース「グランフロント」の開業、そして、近鉄百貨店の総面積14万㎡という再開発。更に、大丸心斎橋店、梅田店、髙島屋大阪店が増床と、圏内商戦は過酷さを増してきている。こうした集客力を強める都心部と対極にあるのが大阪郊外に位置する小売業の取り組みである。 再生に向けて動き出している街とその変化に応じた店づくりにトライする大型小売業、街の特徴を活かし共生した店づくりで象徴的シンボルとなった大型SCの成功事例は、街づくりの中で小売業の果たすべき役割とそのプロセスには学ぶべき点が多い。
対して、阪急梅田店のモデルとなった西宮阪急百貨店の成功事例やイズミヤとファミリーマートの協業は、両業態がそれぞれ激しい競合の中で、新たなコンビニのあり方と食品スーパーの勝ち残り戦略を模索した取り組みとして注目される。また、ピーコックストア千里中央店内のファッションSCオトカリテやイオンモールによる神戸ハーバーランドUMIEなど環境変化に対応し商業施設の再構築を図り、街づくりに貢献する大阪郊外の商業施設や小売店舗も多くみられる。その取組みを学ぶ視察会を企画いたしました。多くの方のご参加をお待ちしています。なお、本視察会は各店舗の協力を得た上で、各店からのレクチャーと見学を予定しています。

GET ADOBE READER

※PDFがご覧になれない方はこちらからダウンロードできます。

ページのトップへ戻る