視察会・講演会情報

ホーム > 視察会・講演会情報 > 過去の視察会・講演会情報  > 第26回 流通交流フォーラム

第26回 流通交流フォーラム

成熟社会に生き抜く流通業の経営戦略

日本小売業協会 会長 清水 信次

流通交流フォーラムは、流通・小売分野の日本最大級の展示会「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」の初日に開催するメインセミナーとして、流通・小売業の振興と発展に寄与することを目的に、1991年の第1回以来、毎年開催しています。日本でも有数のこの分野のセミナーとしてご定評をいただいております。
2016年3月8日(火)に開催する第26回は、「成熟社会に生き抜く流通業の経営戦略」をテーマに、少子高齢化時代における顧客創造、顧客層の多様化による消費スタイルの変遷、ネット時代の流通業の方向性等、国内消費と訪日外国人のインバウンド需要、アジアマーケットの成長性の下、そうした変化に対応すべく戦略的に取り組んでいる有力流通業の経営トップや流通分野に知見の深いアナリストを講師としてお招きし、ご講演いただきます。

日本小売業協会 会長 清水 信次

セミナー概要

サムネール:パンフレット

パンフレットダウンロード(PDF:2,265KB)

第26回 流通交流フォーラムについてさらに詳しい情報はこちらをダウンロードしてご覧ください。

GET ADOBE READER

※PDFがご覧になれない方はこちらからダウンロードできます。

開催日 2016年3月8日(火) 13:00~16:30
会場 東京ビッグサイト 東京都江東区有明3-11-1
会議棟1F レセプションホール
受講料

日本小売業協会会員 ……… 5,000円(税込み)
後援団体会員 ……………… 6,000円(税込み)
一般 ………………………… 7,000円(税込み)

※お客様のご都合によるキャンセルにつきましては、受講料の返金はいたしかねますので、代理の方のご出席をお願いいたします。

※やむをえない事情により、講師等プログラムが変更になる場合がございます。
その場合返金はいたしませんので予めご了承ください。

お申し込み方法

お問い合わせフォームから、もしくは、参加申込書に必要事項をご記入の上、下記事務局までFAXでお申し込み下さい。
FAX到着後、請求書及び受講券をお送りします。又、下記の銀行口座に受講料を2月27日(金)までにお振り込み願います。

参加申込書はこちら (PDF:801KB)

GET ADOBE READER

※PDFがご覧になれない方はこちらからダウンロードできます。

【お申し込み先】
日本小売業協会「流通交流フォーラム」事務局
担当:梅根敬一郎
E-mail:umene@japan-retail.or.jp
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2 東商ビル3F
TEL. 03-3283-7920
FAX. 03-3215-7698

【お振込み先】
銀行名:三菱東京UFJ銀行 本店 普通預金
口座番号:7659200
口座名義:日本小売業協会

主催
  • 日本小売業協会
  • 日本経済新聞社
後援
  • 日本商工会議所
  • 東京商工会議所
  • 一般社団法人日本販売士協会
  • 東京販売士協会
  • 一般社団法人新日本スーパーマーケット協会
  • 一般社団法人日本ショッピングセンター協会
  • 一般社団法人日本スーパーマーケット協会
  • 一般社団法人日本専門店協会
  • 日本チェーンストア協会
  • 公益社団法人日本通信販売協会
  • 日本百貨店協会
  • 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会
  • 一般社団法人日本ボランタリーチェーン協会
協 賛
  • 富士通株式会社
  • 日本コカ・コーラ株式会社
  • 東芝テック株式会社
お問い合わせ 日本小売業協会「流通交流フォーラム」事務局
担当:梅根敬一郎
E-mail:umene@japan-retail.or.jp
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル5階
TEL. 03-3283-7920
FAX. 03-3215-7698

ページのトップへ戻る

プログラム

第26回 流通交流フォーラム
成熟社会に生き抜く流通業の経営戦略

13:00~13:10 開会~主催者挨拶

日本小売業協会 会長 清水 信次

【開会~主催者挨拶】
日本小売業協会 会長 清水 信次

13:10~14:10 講演1「消費者志向の事業展開!」

経済のグローバル化や少子高齢化が進む中で、消費者の暮らしは激しく変化しております。消費者庁は「安全安心な市場」、「良質な市場」の実現をめざし、“消費者・生活者の視点に立つ行政への転換”の拠点として2009年9月1日に創設されました。『食品表示法』や『消費者教育の推進に関する法律』などの法律制定、その他さまざまな消費者保護政策を推進してきましたが、具体的な課題の実現はこれからです。
地域における「消費者相談窓口の充実」や、「消費者教育の推進」、「見守りネットワークの構築」、「食品ロス削減」など、どの課題も行政と事業者・事業者団体、消費者団体などの連携・協働なしにはできないことです。今回の講演では、消費者の声を聞き、暮らしを支える〜消費者志向の事業展開の意義についてお話しします。

>一般社団法人 消費者市民社会をつくる会 理事長/前消費者庁長官 阿南 久(あなん ひさ)氏

【講演者】
一般社団法人 消費者市民社会をつくる会 理事長/前消費者庁長官 阿南 久(あなん ひさ)氏

1972年 東京教育大学 体育学部 卒業。1991〜2007年 生活協同組合コープとうきょう、東京都生活協同組合連合会、日本生活協同組合連合会、全国労働者共済生活協同組合連合会理事を歴任。2008〜2012年 全国消費者団体連絡会 事務局長。2012〜2014年 消費者庁長官。2014年 一般社団法人 消費者市民社会をつくる会設立、理事長に就任。

14:20~15:20 講演2「三つの荒波をどう乗り越えるか? ~抜本的変革への筋道を探る~」

日本の小売業界は、(日)小売市場(継続的な競争激化)、(月)資本市場(ガバナンス改革)、(火)労働市場(人手不足と人件費上昇)の三つの市場からのかつてない荒波に見舞われています。一方で、目覚しい情報技術の進展が、新たな事業モデルを生み出し、世界的に経営次元が一段の高みに上がりつつあります。日本の流通業界は、根底からその構造を作り直すべきタイミングといえるでしょう。
本セミナーでは、経営環境の中期的な方向性とそれを乗り越える経営の在り方を、三つの市場の変化から探っていきます。

メリルリンチ日本証券 調査部 マネージング・ディレクター 青木 英彦(あおき ひでひこ)氏

【講演者】
メリルリンチ日本証券 調査部 マネージング・ディレクター 青木 英彦(あおき ひでひこ)氏

25年余に渡り流通業界の調査に従事。1989年 野村総合研究所 入社。1997年からは米国野村證券にて米国小売業界を調査。ゴールドマン・サックスを経て2005年から現職。1989年 神戸大学 経営学部卒。1994年 米デューク大学 経営大学院卒。2012年 経済産業省 産業構造審議会 流通部会 臨時委員。

15:30~16:30 講演3「いなげやの挑戦と今後の方向性について」

いなげやの歴史を振り返れば、そこには常に時代に先駆け新しい価値創造に取組んできた、“挑戦”の足跡がありました。そして、それは、今も尚、いなげや精神として脈々と受け継がれています。現代社会は混沌の様相を呈しており、流通業界に於いては、主張するお店だけが生き残る厳しい時代とも言われています。そんな中、我々は、今後目指すべき第2期のSMとして、「ヘルシーリビング&ソーシャルマーケット」(食と人を通し、地域のお役立ち業として社会貢献し、お客様が健康に歳を重ねて人生の喜びや楽しさを感じて頂ける、なくてはならない店)をテーマに掲げ、新たなSM創造に挑戦していきます。今回の講演では、現在当社が取組む課題と今後の方向性についてお話ししたいと思います。

株式会社いなげや 代表取締役社長 成瀬 直人(なるせ なおと)氏

【講演者】
株式会社いなげや 代表取締役社長 成瀬 直人(なるせ なおと)氏

1952年生まれ。1976年 中央大学 文学部 卒業後、(株)稲毛屋 入社。1998年 人事部長、1999年 取締役、2005年 常務取締役、2008年 専務取締役、2009年 代表取締役専務を経て、2013年 代表取締役社長(現任)就任。 沿革:1948年 設立、1978年 東証2部上場、1984年 東証1部昇格、社名を(株)稲毛屋から(株)いなげやに変更。 関連会社:(株)ウェルパーク、(株)三浦屋など

※講師等プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

ページのトップへ戻る

お申し込み

参加お申し込み資料請求

FAXでのお申し込みはFAX応募用紙(PDF:801KB)をご利用ください。

GET ADOBE READER

※PDFがご覧になれない方はこちらからダウンロードできます。

ページのトップへ戻る