協会概要

日本小売業協会は、わが国小売業の健全な発展をめざし、国民生活に寄与することを目的に商工会議所を中心として、小売業に関連する有力団体が発起人となり、1978年5月に設立されました。業種・業態や規模の大小を超えた流通小売業共通の課題解決に取り組むとともに、世界各国の小売業協会との交流、海外展開支援や、小売業の効率化と流通の近代化のためのDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進啓発、国内外の流通に関する情報提供などの活動を展開しています。

主な委員会・研究会活動概要

国際委員会 アジア太平洋小売業者大会等、国際交流事業の方向、運営方針の検討を行う。
生活者委員会 研究テーマ『“生き方”革新の時代~人生100年時代のライフデザイン研究~』
企業経営委員会 「時代が変わる小売が変わる」をテーマに、マーケットと生活者の急速な変化を背景として、地域と流通の観点からこれからの流通業はどうあるべきかを研究する。
倫理・教育委員会 従業員の待遇改善、生産性向上、人手不足への対応等の観点から「働き方改革」への対応を研究する。
税制委員会 消費税など流通・小売業共通の税制について、関係団体との連携のもと研究・提言を行う。
CIO研究会 先進的なITを活用した新たな経営戦略構想や、よりよい小売サービスを提供するためのITを活用した具体的な仕組みの検討など、CIO(Chief Information Officer)のための研究を行う。